エアペイ(AirPAY)

エアペイ(AirPAY)に対応する電子マネーの種類は?交通系以外でどんな種類が使えるのか解説!

エアペイ(AirPAY)は、クレジットカードやデビットカードだけでなく、電子マネーによる決済にも対応しています。

そこで、エアペイを導入するのに「どんな電子マネー決済に対応してるのか?」、「交通系電子マネー決済にも対応してるのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • エアペイは交通系、ID、QUICPayに対応。
  • エアペイの電子マネー決済による手数料。
  • エアペイで電子マネー決済を導入する方法。
Takeru
エアペイは、交通系電子マネー、ID(アイディー)やQUICPay(クイックペイ)にも対応しています。

交通系電子マネーは、Suica(スイカ)だけでなく、PASMO(パスモ)やICOCA(JR西日本)などにも対応しているので、全国各地で多くの方が決済できるようになります。

また、エアペイを導入すれば、店舗で決済が効率的になるだけでなく、売上アップにもつながる可能性があります。

この機会に、エアペイの電子マネーによるキャッシュレス決済を導入してみましょう!

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

 

エアペイ(AirPAY)に対応している電子マネーの種類

エアペイ(AirPAY)に対応している電子マネーの種類を詳しく解説していきましょう。

 

交通系電子マネー

まず、エアペイに対応している交通系電子マネーを見てみましょう。

 

エアペイ対応交通系電子マネーの種類

交通系電子マネー

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR東日本)
  • PASMO(関東私鉄、バス)
  • TOICA(JR東海)
  • manaca(名古屋地区私鉄)
  • ICOCA(JR西日本)
  • SUGOCA(JR九州)
  • nimoca(西日本鉄道ほか)
  • はやかけん(福岡市交通局)

といった種類に対応しています。

全国で利用されている交通系電子マネーに対応しているので、エアペイを導入すれば地域やエリアを気にせず利用してもらえますね。

 

エアペイ未対応の交通系電子マネー

エアペイでは、PiTaPa(関西私鉄ほか)に対応していません。

PiTaPaは、交通系電子マネーで唯一エアペイでの利用できないので注意しましょう。

 

ID(アイディー)

ID(アイディー)は、ドコモ(docomo)がサービスを提供している決済サービスです。

「iD」搭載カードなら、エアペイにカードをかざすだけで利用できます。

また、Apple Pay(iPhone、Apple Watch)、Google Pay(Androidスマートフォン)やおサイフケータイでも、エアペイにかざすだけで利用できます。

 

QUICPay(クイックペイ)

QUICPay(QUICPay+)は、株式会社JCBが運営・提供している決済サービスです。

ID同様、QUICPay搭載カードならエアペイにかざすだけですし、Apple PayやGoogle Payなどスマホをかざして利用することもできます。

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

 

エアペイ(AirPAY)で電子マネー決済を利用する際の条件

エアペイ(AirPAY)で電子マネー決済を利用する際の条件について解説していきましょう。

 

電子マネーによる決済時の手数料

各電子マネーによって決済された場合、エアペイによる手数料が発生します。

決済方法 手数料
交通系
電子マネー
2.95%
(別途消費税)
ID 3.74%
QUICPay

ID、QUICPayと交通系電子マネーでの決済手数料が違うので、エアペイを導入する前にしっかりとチェックしておきましょう。

また、交通系電子マネーの決済手数料には、別途消費税がかかるので注意が必要ですね。

 

電子マネーによる決済で利用できる機能

各電子マネーによって決済される場合、エアペイによる利用限度額が設定されています。

また、キャンセルや返品についても、各電子マネーによって利用できる機能に違いがあるのでチェックしていきましょう。

決済方法 利用限度額 キャンセル
返品
交通系
電子マネー
1円~2万円 ×
現金での返金
ID 1円~3万円
決済日より
60日目の23:59まで
QUICPay 1円~2万円
決済日より
60日目の23:59まで
QUICPay+ 1円〜
99万9,999円

まず、電子マネーによる決済は、利用限度額として2、3万円という設定があります。

Takeru
例えば、交通系電子マネーで決済される場合、2万円を超える支払いはできないということです。

飲食店などであれば、2万円を超えることはあまりないかもしれませんが、業種によっては限度額を超えてしまう可能性があるということです。

また、IDやQUICPayでの決済だと、決済後でも取消や返品がエアペイでできますが、交通系電子マネーの場合は取消も返品もできません。

各電子マネーによって、エアペイでの利用条件に違いがあることに注意が必要ですね。

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

 

エアペイ(AirPAY)電子マネー決済の利用を申し込む方法

エアペイ(AirPAY)で電子マネー決済を利用するための申込方法を解説していきましょう。

 

エアペイで電子マネー決済を導入する流れ

まず、エアペイで電子マネー決済を導入する流れを解説しておきます。

エアペイの電子マネー決済を導入するには、

簡単な流れ

  • エアペイ公式の申込ページを開く。
  • 必要事項の入力や審査書類のアップロード。
  • エアペイによる審査。
  • エアペイカードリーダーの発送・到着。
  • 初期設定とトレーニングモードの体験。
  • エアペイの利用開始。

といった流れになっています。

電子マネー決済でもクレジットカード決済でも、エアペイの導入方法は基本的に同じなので、エアペイ公式ページから申し込むだけで大丈夫です。

 

エアペイで電子マネー決済を導入する方法

では、実際にエアペイで電子マネー決済を導入する方法を解説していきます。

 

エアペイ公式ページで申込

エアペイ公式ページを開きます。

AirID(アカウント)作成や必要事項の入力、審査書類のアップロードなどを行い、エアペイ導入による申請を行います。

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

 

エアペイによる審査

エアペイに申し込んだ内容の審査が行われます。

Takeru
エアペイの審査は、決済方法ごとに行われるので、審査が完了してもすべての決済が利用できるわけではありません。

最初に、クレジットカード決済(Visa / Mastercard® / UnionPay(銀聯))の審査が行われます。

Visa / Mastercard® / UnionPay(銀聯)の審査に通過すると、エアペイ専用カードリーダーが送付され、利用開始することができます。

AirPAY申込による審査の流れ(引用元:エアペイ公式)

それぞれ決済方法の審査は、画像のように上から順番に行われるようになっています。

電子マネー(交通系電子マネー、ID、QUICPay)の審査は、VisaやMasterCard、JCBなどクレジットカードが終わってからになります。

なので、エアペイのカードリーダーが届いたとしても、電子マネー決済の審査が終わっていない可能性があることに注意しておきましょう。

 

カードリーダーの到着

クレジットカード決済(Visa / Mastercard® / UnionPay(銀聯))の審査が完了すると、他の決済方法の審査が開始されます。

同時に、エアペイから「【Airペイ】Visa / Mastercard(R) / UnionPay(銀聯)ご利用審査完了のお知らせ」という内容のメールが届きます。

メールを受信してから約2〜4日くらいで、エアペイ専用カードリーダーがお手元に届く仕組みとなっています。

 

初期設定とトレーニングモードによる体験

エアペイ専用カードリーダーが届いたら、初期設定を行なってトレーニングモードで実際の操作を体験できます。

 

実際にエアペイの利用開始

カードリーダーの初期設定やトレーニングモードによる体験ができたら、実際にエアペイの利用を開始できます。

ただ、利用できる決済方法は、この時点で審査完了しているものだけということを忘れないようにしましょう。

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

 

エアペイ(AirPAY)電子マネー決済を導入する際の注意点

エアペイ(AirPAY)で電子マネー決済を導入する際の注意点について解説していきましょう。

 

審査通過後すぐに利用できない可能性がある

エアペイは、Visa / Mastercard® / UnionPay(銀聯)など、クレジットカード決済方法からの審査が最初に行われます。

クレジットカード決済方法の審査完了してから、電子マネー決済(交通系電子マネー、ID、QUICPay)の審査が始まります。

Takeru
最初にエアペイで利用できるようになる決済方法は、クレジットカードということです。

なので、すべての決済方法が使えるようになってからエアペイの利用を開始する場合、すべての審査が完了するまで待つことになりますね。

 

電子マネーの種類によって決済手数料が違う

エアペイは、利用される決済方法によって決済手数料が違います

クレジットカードでもVisaとJCBで決済手数料が違いますし、電子マネーでもIDやQUICPayと交通系電子マネーの決済手数料が違うので気をつけましょう。

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

 

まとめ(エアペイ(AirPAY)対応の電子マネー決済の種類)

エアペイ(AirPAY)で使える電子マネー決済の種類について解説してきました。

エアペイで使える電子マネーは、

電子マネーの種類

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR東日本)
  • PASMO(関東私鉄、バス)
  • TOICA(JR東海)
  • manaca(名古屋地区私鉄)
  • ICOCA(JR西日本)
  • SUGOCA(JR九州)
  • nimoca(西日本鉄道ほか)
  • はやかけん(福岡市交通局)
  • ID(アイディー)
  • QUICPay(クイックペイ)
  • QUICPay+

といった種類が利用できます。

交通系電子マネーは、PiTaPa(関西私鉄ほか)以外使えますし、IDやQUICPayにも対応しています。

エアペイは、クレジットカード決済だけでなく、多くの電子マネー決済が利用できるので、利用する方には喜ばれるでしょう。

この機会にエアペイを導入して、店舗のコスト削減や売上アップを目指しましょう!

-エアペイ(AirPAY)