MENU
キャッシュレス導入0円キャンペーン開催中詳しくはこちら

エアペイ(AirPAY)を複数店舗で申し込む方法!導入までの流れとやり方を詳しく解説!

  • URLをコピーしました!

エアペイ(AirPAY)は、ひとつの店舗に導入できるだけでなく、系列店やチェーン店など複数店舗でも導入することができます。

そこで、エアペイに申し込むのに「複数店舗でどうやって申し込めばいいのか?」、「複数店舗まとめて申し込みできるのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること
  • 複数店舗でも店舗分の申込が必要。
  • 1店舗目を申込後、2店舗目を申し込む流れ。
  • ひとつのAirIDで複数店舗申込できる。
  • 新たにAirIDを作成して申込もできる。
Takeru

エアペイは、系列店やチェーン店で複数店舗に導入する場合、各店舗ごとに申込が必要です。

エアペイのアカウント(AirID)は、複数店舗でも同じものを使って申込ができるので、後から2店舗目、3店舗目を追加することができます。

エアペイは、申し込みから審査完了まで早ければ約3〜4日ほどなので、1店舗目の審査が通過してから2店舗目を申し込むと、複数店舗の申込がスムーズに行えます。

まずは、エアペイを導入する1店舗目の申し込みから始めてみましょう!

目次

エアペイ(AirPAY)を複数店舗で申し込むには

エアペイ(AirPAY)を複数店舗で申し込むには、

複数店舗の申込手段
  • ひとつのAirIDで申し込む方法。
  • それぞれ別のAirIDで申し込む方法。

という2つの方法があります。

ひとつのAirIDで申し込む方法

ひとつのAirIDで申し込む方法は、すでにエアペイを導入している店舗のAirID(アカウント)に、新しく店舗を追加する方法です。

Takeru

例えば、これまでひとつの店舗で営業していたけど、新たに店舗を出店するといったケースです。

また、すでに複数店舗で営業しているので、エアペイもそれぞれの店舗に導入したいという場合に、同じAirIDで申し込むことができます。

それぞれの店舗が同じ業種で、出店する場所が違うという場合には、ひとつのAirIDで申し込むと管理しやすいでしょう。

それぞれ別のAirIDで申し込む方法

複数店舗でAirIDを分けたい場合、それぞれ別々のAirIDを作成して申し込む方法です。

複数のAirIDを作成する場合、メールアドレスも違うものを用意しなければいけません。

系列店やチェーン店で、それぞれ別々のアカウントで運用したい場合は、新しくAirIDを作成して申し込んでも大丈夫です。

また、複数店舗が全く違う業種という場合には、各店舗でAirIDを作成して申し込むのがいいですね。

\ キャッシュレス導入0円キャンペーン実施中 /

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

エアペイ(AirPAY)複数店舗をひとつのAirIDで申し込む方法

エアペイ(AirPAY)を複数店舗で申し込む方法について解説していきましょう。

ひとつのAirIDで1店舗目のエアペイを申込む流れ

複数店舗をひとつのAirIDで申込むには、

ひとつのAirIDで申し込む流れ
  1. 1店舗目のAirIDを作成して申し込む。
  2. 複数店舗管理から2店舗目を追加する。
  3. ログインしなおして2店舗目を申し込む。

という流れで手続きを行います。

ひとつのAirIDで1店舗目のエアペイを申込む方法

まずは、ひとつのAirIDで複数店舗を申し込む方法について解説していきます。

アカウント(AirID)を作成する

まず、エアペイを導入されるのが「個人」か「法人」のどちらか選択します。

エアペイ導入店舗の状況確認画面

次に、エアペイを導入するお店が「開店済」か「未開店」どちらか選択します。

エアペイ申込み開始ボタン

「申込みをはじめる」ボタンをタップして、エアペイの申込みをはじめましょう。

エアペイAirID作成画面

エアペイに申込むには、エアペイの利用時に必要なAirIDが必要です。

AirIDをお持ちでない方は、メールアドレスを入力して「上記に同意して次へ」ボタンをタップします。

AirID作成による認証キー入力画面

入力したメールアドレス宛に、AirID作成の認証キーが記載されたメールが届きます。

認証キー(6桁の数字)を入力して「アカウント情報の入力に進む」をタップします。

AirID作成による必要事項の入力画面

AirIDの作成に必要な情報(氏名や店舗情報など)を入力すれば、エアペイのアカウントを作成できます。

\ キャッシュレス導入0円キャンペーン実施中 /

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

申込者や店舗情報など必要事項を入力

AirIDにログインできたら、契約者情報を入力していきます。

契約者情報の入力

個人でエアペイを申し込む場合は、契約者情報を入力します。

契約者情報入力画面(個人)
契約者情報の項目
  • 氏名
  • 氏名(カナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 番地以降
  • 自宅住所(カナ)
  • 自宅電話番号
  • 日中の連絡先

法人でエアペイを申し込む場合は、契約者情報ではなく「法人代表者情報」や「法人情報」入力画面が表示されます。

法人代表者情報の入力

法人でエアペイを申し込む場合、申込む代表者の情報を入力します。

法人代表者情報入力画面
法人代表者情報の項目
  • 氏名
  • 氏名(カナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 番地以降
  • 自宅住所(カナ)
  • 自宅電話番号

「法人代表者情報」は、上記の内容となっています。

法人情報の入力

法人の場合は、法人情報の入力をします。

法人情報入力画面
法人情報の項目
  • 法人格
  • 法人名
  • 法人名(カナ)
  • 郵便番号
  • 法人住所
  • 番地以降
  • 法人住所(カナ)
  • 法人電話番号
  • 担当者氏名
  • 担当者氏名(カナ)
  • 日中連絡先

法人代表者情報の入力が終わると「法人情報」の入力を行います。

店舗情報の入力

エアペイを導入する店舗情報を入力します。

店舗情報入力画面

店舗情報は、

店舗情報の項目
  • 店舗名
  • 店舗名(カナ)
  • 店舗名(英語)
  • 店舗郵便番号
  • 店舗住所
  • 番地以降
  • 店舗住所(カナ)
  • 店舗電話番号
  • 店舗URL(ホームページ)
  • 業種
  • 営業開始年月(任意)
  • 営業時間(任意)
  • 取引・販売方法
  • 利用形態
  • 店舗形態
  • 招待コード

といった内容について入力していきます。

お振り込み先口座情報の入力

お振り込み先口座の情報を入力していきます。

お振込先口座情報入力画面
お振り込み口座情報
  • 金融機関
  • 支店
  • 口座種別
  • 口座番号
  • 口座名義

口座情報まで入力できたら、必要事項の入力が完了します。

あとは、必要に応じて審査書類をアップロードしていきましょう。

\ キャッシュレス導入0円キャンペーン実施中 /

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

本人確認や店舗の必要書類のアップロード

エアペイ審査書類アップロード画面

必要事項の入力が終わったら「本人/法人確認書類」や「営業許可証」など、必要書類をアップロードしていきます。

審査書類アップロード完了画面

審査書類のアップロードができると、上記画面が表示されます。

これで、エアペイ(AirPAY)1店舗目の申込が完了です。

ひとつのAirIDで2店舗目のエアペイを申込む方法

1店舗目の申し込みができたら、2店舗目のエアペイを申し込みをしていきます。

マイページの複数店舗管理画面を開く

ひとつのAirIDで2店舗目以降を追加する場合、エアペイのマイページを開きます。

エアペイマイページ画面

マイページにある「複数店舗管理」をクリックして、複数店舗管理画面を開きます。

複数店舗管理で新規店舗を追加する

ひとつのAirIDで2店舗目以降申込む場合、複数店舗管理画面で追加する店舗情報を登録しておきます。

エアペイ複数店舗管理画面

複数店舗管理画面下にある「+管理店舗を追加する」をクリックし、新規店舗作成画面を開きます。

エアペイ新規店舗作成画面

新たに追加したい店舗の情報を入力して「作成する」ボタンをクリックすると、複数店舗管理画面の一覧に表示されます。

Takeru

ここまでの作業は、新たな店舗を申し込むための準備です

追加する店舗の登録ができたら、エアペイを利用するための申し込みをしていきます。

追加店舗でログインして2店舗目を申し込む

2店舗目が追加できたら、1度エアペイ公式サイトからログアウトします。

マイページの右上にある「ログアウト」をクリックすれば、エアペイ公式サイトからログアウトできます。

エアペイログイン画面

ログアウトできたら、再度AirIDでログインします。

AirIDでログインして追加した店舗を選ぶと、エアペイの申し込みページが表示されます。

Takeru

申し込みや審査が行われていない店舗だと、エアペイが使えないので申し込み画面が表示されます。

なので、1店舗目と同様に必要事項の入力や書類のアップロードをしていきましょう。

\ キャッシュレス導入0円キャンペーン実施中 /

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

エアペイ(AirPAY)複数店舗を別々のAirIDで申し込む方法

エアペイ(AirPAY)複数店舗を別々のAirIDで申込む方法について解説していきましょう。

別々のAirIDで複数店舗に申込む流れ

複数店舗を別々のAirIDで申込むには、

別々のAirIDで複数店舗に申し込む流れ
  • 1店舗目のAirIDを作成して申し込む。
  • 2店舗目のAirIDを作成して申し込む。

という流れで手続きを行います。

別々のAirIDで複数店舗に申込む方法

別々のAirIDで複数店舗に申し込む方法は、基本的にひとつのAirIDで1店舗目を申し込む方法と同じです。

AirIDを作成し、法人情報や店舗情報、振込先口座情報などを入力し、必要書類をアップロードして申し込みを行います。

Takeru

店舗ごとに、同じように申し込みを行うだけです。

2店舗目を申し込む場合も、同じように新しいAirIDを作成して申し込むだけなので、やり方自体は同じです。

ただ、店舗ごとにAirIDを作成して申し込むので、AirIDを作成する際のメールアドレスは別々でなければいけません。

エアペイ(AirPAY)を複数店舗で申し込む際の注意点とは

エアペイ(AirPAY)を複数店舗で申し込む際の注意点について解説していきましょう。

同一法人や系列店でも申込が必要

エアペイは、同一法人や系列店だとしても、店舗が違う場合は必ずそれぞれの店舗で申し込まなければいけません。

すでにエアペイを導入している店舗があって、他の店舗にエアペイを導入する場合も申込が必要です。

また、これからエアペイを導入する場合でも、まとめて複数店舗申し込むことはできないので、間違えないように注意しましょう。

銀行口座が同じだと合算されて振り込まれる

エアペイを複数店舗で利用する場合、ひとつのAirIDで申し込むこともできますし、別々のAirIDで申し込むこともできます。

どちらの場合でも、振込先口座は同じでもいいですし、それぞれ別の振込先口座を指定しても大丈夫です。

ただ、複数店舗で同じ銀行口座を指定すると、入金がすべて合算されてしまいます。

Takeru

振り込まれた金額で店舗を見分けられなくなってしまいます。

なので、それぞれ店舗ごとに振込を確認したければ、振込先口座を別々に分けて登録しておきましょう。

\ キャッシュレス導入0円キャンペーン実施中 /

▶︎[公式]エアペイ(AirPAY)申込はこちら↗︎

まとめ(エアペイ(AirPAY)複数店舗の申込方法は2つ)

エアペイ(AirPAY)を複数店舗で申し込む方法について解説してきました。

エアペイは、複数店舗で申し込む場合、それぞれの店舗ごとに申込が必要です。

Takeru

複数店舗で申し込む方法は、AirIDを同じにするか別々にするかでやり方が違います。

ひとつのAirIDで申し込む場合は、1店舗目を申し込んだ後に2店舗目を追加して申し込むことができます。

また、別々のAirIDで申し込む場合、それぞれの店舗でAirIDを作成すれば、同じように申し込むことができます。

どちらの方法にしても、まずは1店舗目に申し込んで審査に通過してから2店舗目を申し込むと、スムーズにエアペイを導入できます。

この機会にエアペイを導入して、売上アップやコスト削減を目指しましょう!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次