ビットフライヤー 暗号資産(仮想通貨)取引所

ビットフライヤーの2段階認証設定はどれが良い?認証アプリ、SMS、メールの3種類について解説!

ビットフライヤー(bitflyer)で暗号資産(仮想通貨)を売買するために、口座開設後セキュリティ強化の設定をしておく必要があります。

そこで、ビットフライヤーの「2段階認証設定方法は3種類のうちどれがいいのか?」、「2段階認証の設定方法ってどうやればいいのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • ビットフライヤー2段階認証は3種類
  • ビットフライヤー2段階認証設定までの流れ
  • ビットフライヤー2段階認証の設定方法
  • ビットフライヤー2段階認証設定時の注意点
暗号未来
ビットフライヤー(bitflyer)の2段階認証は、認証アプリを使って設定するのが最も安心です。

SMS(ショートメッセージ)やメールを使った2段階認証でも、ある程度セキュリティを強化できますが、認証アプリによるワンタイムパスワードの方が安心して暗号資産を守ることができます。

認証アプリによる2段階認証の設定方法は、SMSやメールよりも多少難しいかもしれませんが、仕組みを理解すれば簡単に設定ができます。

ビットフライヤーの2段階認証設定について、それぞれ詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

ビットフライヤー(bitflyer)2段階認証設定の特徴と種類

ビットフライヤー(bitflyer)2段階認証設定方法の種類について解説していきましょう。

 

ビットフライヤー2段階認証の特徴

ビットフライヤーの2段階認証とは、ログインする際のアカウントである「メールアドレス」と「パスワード」以外に、もうひとつパスワードを設定することです。

ご自身のビットフライヤー口座にアクセスするには、パスワードを2つ使わないとログインできないということになります。

ビットフライヤー
口座
アカウントの
パスワード
SMS・メール・認証アプリ
いずれかのパスワード
2段階認証
によるログイン
第1段階認証 第2段階認証

口座アクセスの流れ

第1段階認証→第2段階認証→口座へのアクセス成功

暗号未来
ビットフライヤーのアカウントに対するパスワードを1段階、SMS・メール・認証アプリによるパスワードが2段階という仕組みです。

ビットフライヤーの公式サイトや口座へログインするために、2つのパスワードが必要なので、2段階認証の設定をするだけでもセキュリティ的には比較的安心できます。

2段階認証設定の中でも「認証アプリ」を使った方法が最も安全に暗号資産を守ることができるということですね。

 

ビットフライヤーの2段階認証は3種類

ビットフライヤーの2段階認証設定方法は3種類あるので、それぞれどういう特徴があるのか解説していきます。

 

認証アプリによる2段階認証

2段階認証を設定するのに、認証アプリを使う方法です。

認証アプリにもいくつか種類があり、ビットフライヤーでは、

2段階認証推奨アプリ

  • Google Authenticator
  • Twilio Authy
  • Duo Mobile

といった3種類の認証アプリを推奨しています。

3種類の認証アプリの中では、使い方が簡単で私も実際に使っている「Google Authenticator(Google認証システム)」がおすすめです。

Google認証システムアプリを使った2段階認証設定は、後ほど詳しく解説していきます。

 

SMS(ショートメッセージ)による2段階認証

SMS(ショートメッセージ)による2段階認証は、携帯電話番号に対して送信されるメッセージ機能を使った方法です。

携帯電話のSMSに2段階認証のパスワードが記載されているので、ログインする時に受信したパスワードを入力します。

SMSによる2段階認証は、様々なサービスで使われているのでイメージできる方も多いでしょう。

電話番号宛にメッセージが届くので、2段階認証の設定もログインのやり方もシンプルで簡単です。

ただ、各携帯電話会社がプランによっては、SMS(ショートメッセージ)機能が使えない場合があるので気をつけましょう。

 

メールによる2段階認証

メールによる2段階認証は、ビットフライヤーのアカウントであるメールアドレスを使った方法です。

ビットフライヤーから届いたメールにパスワードが記載されているので、ログイン時のパスワードとして入力します。

ただ、メールアドレスとパスワードが情報漏洩してしまうと、2段階認証のパスワードも不正に使用されてしまう可能性があります。

暗号未来
認証アプリやSMSよりも、メールによる2段階認証はリスクが高くなります。

ビットフライヤーは、こういった不正アクセスを防ぐために、メールによる2段階認証を設定する場合は「4桁の暗証番号」を追加で設定することになっています。

 

2段階認証は認証アプリかSMSが推奨

ビットフライヤーの2段階認証には3種類ありますが、認証アプリかSMS(ショートメッセージ)のいずれかで設定するのがおすすめです。

安全性が高いのは「認証アプリ > SMS > メール」という順番になります。

もちろん、どの設定方法を選んでも絶対に不正ログインされないという保証はありませんが、より安全性が高いのは認証アプリやSMSによる設定となっています。

認証アプリで生成されるパスワードは、30秒ごとにパスワードが変更されるので、最も安全性が高い2段階認証だと言えるでしょう。

 

ビットフライヤー(bitflyer)による2段階認証の設定方法

ビットフライヤー(bitflyer)による2段階認証の設定方法について解説していきましょう。

 

ビットフライヤー2段階認証設定までの流れ

まず、ビットフライヤーで2段階認証設定するまでの流れを解説しておきます。

ビットフライヤーでは、

簡単な流れ

  • ビットフライヤー公式ページにログインする。
  • メニューの中にある「設定」画面を開く。
  • 設定にある「セキュリティ設定」画面を開く。
  • 「2段階認証設定を変更する」をクリックする。
  • 2段階認証設定を3つから選んで設定する。

という流れで2段階認証の設定を行います。

 

ビットフライヤーの2段階認証を設定する準備

まず、ビットフライヤーで2段階認証設定する準備をしていきます。

 

2段階認証設定ページを開く

ビットフライヤー公式ページにログインします。

引用元:ビットフライヤー公式

アカウント(メールアドレスとパスワード)でログインできたら、メニューの中にある「設定」画面から「セキュリティ設定」を選択します。

引用元:ビットフライヤー公式

セキュリティ設定画面を開いたら、下の方にある「二段階認証設定を変更する」というボタンをクリックし、設定画面を開いておきましょう。

 

2段階認証設定方法ごとの準備

ビットフライヤーの2段階認証設定方法は3種類ありますので、どの方法で設定するかによって準備する内容が違います。

 

認証アプリによる設定準備

認証アプリで2段階認証の設定をする場合、どの認証アプリを使うのかを選択します。

お使いのスマートフォンに認証アプリをインストールしておきます。

Duo Mobile

Duo Mobile

Duo Security LLC無料posted withアプリーチ

Twilio Authy

Twilio Authy

Authy Inc.無料posted withアプリーチ

暗号未来
実際に私が使っているのは↓のGoogle Authenticatorです。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

ビットフライヤーでは、3つの認証アプリが推奨されていますが、個人的にはGoogle Authenticatorがおすすめです。

 

SMSメッセージ、メールでの設定準備

SMS(ショートメッセージ)やメールで2段階認証を設定する場合は、特に準備するものはありません。

 

ビットフライヤーによる2段階認証の設定方法

では、ビットフライヤーで2段階認証を設定する方法を解説していきます。

 

認証アプリで2段階認証を設定する

引用元:ビットフライヤー公式

認証アプリを使用する場合、ビットフライヤーの2段階認証設定画面を開き、新しい設定の選択で「認証アプリを使う(強く推奨)」を選択します。

設定の選択より下にあるチェックボックス(ログイン時など)は、どのタイミングで2段階認証のパスワードを入力させるかを設定するところです。

Google Authenticatorアプリを使う場合、

2段階認証設定方法

  • QRコードを読み込む。
  • アカウントのキー(セットアップキー)を入力する。

という2種類から選んで2段階認証の設定ができます。

引用元:ビットフライヤー公式

ビットフライヤーの認証アプリを使った2段階認証設定ページには「QRコード」と「アカウントのキー」が表示されます。

Google Authenticator初期画面

Google Authenticatorアプリを起動して「開始」ボタンをタップします。

2段階認証の設定を選択する画面

「QRコードをスキャンする」を選択します。

Google Authenticatorスキャン画面

スマートフォンのカメラが起動するので、Google Authenticatorアプリのカメラへのアクセスを許可するために「OK」をタップします。

QRコードをスキャンできると、Google Authenticatorアプリに認証コードが自動的にセットアップされます。

Google Authenticatorパスワード画面

「ビットフライヤー」というアカウント名は後から変更することもできるので、自分でわかりやすいものに変更しておくといいですね。

 

SMSで2段階認証を設定する

引用元:ビットフライヤー公式

SMSを使用する場合、ビットフライヤーの2段階認証設定画面を開き、新しい設定の選択で「携帯電話のSMSで受取る」を選択します。

暗号未来
SMS(ショートメッセージ)による2段階認証はこれだけで完了です。

あとは、どのタイミングで2段階認証によるパスワードを入力するのかを選択するだけなので、設定はとても簡単にできます。

2段階認証のパスワード入力は、利用する本人からすると面倒ですが、セキュリティを万全にするためにも、すべての項目にチェックを入れておくのが安心ですね。

 

メールで2段階認証を設定する

引用元:ビットフライヤー公式

メールを使用する場合、ビットフライヤーの2段階認証設定画面を開き、新しい設定の選択で「メールで受取る(非推奨)」を選択します。

ただ、ビットフライヤーとしては、このメールによる2段階認証は他の2つよりもリスクがあるため、おすすめはしていません。

引用元:ビットフライヤー公式

メールによる2段階認証設定を使用する場合、セキュリティ強化のために「暗証番号(4桁)」を設定します。

万が一、メールアドレスに送信されたパスワードが盗まれても、暗証番号を設定しておけば不正ログインを防止することができます。

メールによる2段階認証は、トータルで3つのパスワードが必要になるので、自分で利用することを考えると「認証アプリ」か「SMS(ショートメッセージ)」を利用するのがおすすめですね。

 

ビットフライヤー(bitflyer)2段階認証設定を解除する方法

ビットフライヤー(bitflyer)の2段階認証設定を解除する方法を解説していきましょう。

ビットフライヤーの2段階認証を解除するには、

簡単な流れ

  • ビットフライヤー公式ページにログインする。
  • メニューの中にある「設定」画面を開く。
  • 設定の「セキュリティ設定」画面を開く。
  • 「2段階認証設定を変更する」をクリックする。
  • 2段階認証設定を解除する。

という流れでを行います。

ただ、2段階認証の設定を解除しても、ビットフライヤーとしてはセキュリティ面を重視しているので、ログインなどのタイミングで認証コード記載のメールが届きます。

なので、2段階認証を解除しても設定がされているような状態になるということですね。

 

ビットフライヤー(bitflyer)2段階認証設定する際の注意点

ビットフライヤー(bitflyer)で2段階認証設定する際の注意点を解説していきましょう。

 

SMS(ショートメッセージ)か認証アプリを使う

ビットフライヤーの2段階認証設定方法は「認証アプリ」、「SMS(ショートメッセージ)」、「メール」の3種類あります。

ただ、セキュリティ面や運用のしやすさを考えると、認証アプリかSMSによる2段階認証を利用するのが安心です。

暗号未来
ビットフライヤーでもメールの2段階認証は非推奨としています。

メールで認証コードを受信するのであれば、SMSを利用する方がより安全性が高いので、メール以外の2段階認証を設定するようにしましょう。

 

機種変更時は認証アプリのアカウントキーを保管

2段階認証の設定に認証アプリを使用する場合、スマートフォンからアプリを削除してしまうと、ビットフライヤーにログインすることができません。

また、スマートフォンを機種変更して、認証アプリの設定を移行しないまま初期化してしまうと、同じようにログインできなくなってしまいます。

なので、最初に認証アプリを設定する際、アカウントキー(セットアップキー)を保管しておくと復旧させることができます。

アカウントキーは、QRコードの下にある文字列のことです。

また、Google Authenticatorアプリは、設定してあるアカウントをエクスポートできる機能があるので、機種変更の時などは簡単に移行できるようになっています。

 

まとめ(ビットフライヤー(bitflyer)2段階認証の設定方法)

ビットフライヤー(bitflyer)で2段階認証設定する方法や注意点について解説してきました。

ビットフライヤーの2段階認証は、

2段階認証設定方法の種類

  • 認証アプリ(Google認証システムなど)
  • SMS(ショートメッセージ)の受信
  • メールの受信

といった3種類の方法から選択して使用することができます。

2段階認証設定をするだけでもセキュリティ強化にはなりますが、メールによる2段階認証は、他の2つよりもセキュリティに不安要素があります。

なので、2段階認証設定をするなら「認証アプリ」もしくは「SMS」を利用すると良いでしょう。

ただ、セキュリティ面で最も安心なのは「認証アプリ」を使った2段階認証設定なので、最初の設定は少し難しくても認証アプリを使うのが1番おすすめですね。

-ビットフライヤー, 暗号資産(仮想通貨)取引所