コインチェック 暗号資産(仮想通貨)取引所

コインチェック銀行振込による入金手数料いくら?口座にできるだけ安く入金する方法を詳しく解説!

コインチェック(Coincheck)で暗号資産(仮想通貨)を購入するには、コインチェックの口座に資金となる日本円を入金する必要があります。

そこで、コインチェックに入金するのに、「銀行振込だと手数料はいくらなのか?」、「入金する額によって手数料は違うのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • コインチェックの入金手数料は無料。
  • コインチェックへの振込手数料は自己負担。
  • コインチェックの銀行振込による手数料の仕組み。
  • コインチェックへ銀行振込で入金する際の注意点。
暗号未来
コインチェックの銀行振込による入金手数料は無料です。

ただ、コインチェックへの入金を銀行振込で行う場合、「振込手数料」は自己負担となるので注意が必要です。

コインチェックの銀行振込には、手数料として「入金手数料」と「振込手数料」の2種類あるということを理解しておきましょう。

なので、コインチェックの銀行口座(住信SBIネット銀行、GMOあおぞらネット銀行)と同じ銀行から振り込めば、銀行振込による手数料が無料になるということです。

コインチェック口座の開設や維持費は無料なので、この機会に暗号資産(仮想通貨)のある生活を始めてみるのもいいですね。

 

コインチェックへの銀行振込による手数料の仕組み

コインチェック(Coincheck)への銀行振込による手数料の仕組みについて解説していきましょう。

 

コインチェック入金手数料と振込手数料は違う

コインチェックへの銀行振込による手数料は「入金手数料」と「振込手数料」の2種類あります。

ですが、コインチェックによる入金手数料が無料というだけで、入金するための銀行振込手数料はかかる場合があるということです。

ここでいう入金手数料は、ビットコインなどの暗号資産を購入するために、コインチェックの指定する口座に資金を入金する際の手数料のことです。

暗号未来
「コインチェックの入金手数料」と「銀行による振込手数料」のうち、コインチェックの入金手数料が無料ということですね。

なので、コインチェックの銀行振込での入金手数料無料ということだけでなく、振込手数料も必要になるということを理解しておきましょう。

 

コインチェックの口座に入金する際の入金手数料

コインチェックの指定口座へ入金する際の手数料は、入金方法によって違います。

コインチェック指定
口座への入金方法
コインチェック
入金手数料
振込手数料
銀行振込 無料 利用する銀行
の振込手数料
コンビニ入金 3万円未満 770円
3万円以上
30万円以下
1,018円
クイック入金
(ペイジー入金)
3万円未満 770円
30万円以上
50万円未満
1,018円
50万円以上 入金額×0.11%
+495円

上記表を見てもわかるように、コインチェックに入金する際の手数料は、銀行振込を利用するのが最も安く抑えることができます。

暗号未来
銀行振込を利用すれば、振込手数料だけで入金できるということです。

もちろん、利用する銀行にもよりますが、コインチェックの指定口座と同じ銀行から振り込めば、振込手数料も無料になるので入金時の手数料がすべて無料です。

一方、コンビニ入金やクイック入金(ペイジー入金)を利用すると、コインチェックの入金手数料が最低でも770円はかかってきます。

なので、暗号資産(仮想通貨)を購入する資金をコインチェックに入金するのに、手数料をかけたくないのであれば、銀行振込による入金を利用するのがおすすめですね。

 

コインチェックへの銀行振込手数料を安く抑える方法

コインチェック(Coincheck)へ入金する際の銀行振込手数料を安く抑える方法について解説していきましょう。

 

コインチェック口座と同じ銀行から振り込む

暗号資産(仮想通貨)を購入する際の資金を入金する際、手数料をかけたくないのであれば、コインチェックの指定口座と同一銀行から振り込むことです。

 

同じ銀行への振込手数料は基本無料

同一ネット銀行口座へ振り込む場合、基本的に振込手数料が無料になることが多いです。

ただ、ネット銀行以外の一般的な銀行ですと、支店がたくさんある銀行も多いので、同一店以外への振込は手数料がかかってきます。

コインチェックの指定口座はネット銀行なので、同じ銀行から振り込むのであれば振込手数料が無料になります。

 

コインチェックに入金できる銀行口座

コインチェックの指定口座は、

コインチェック指定口座

  • 住信SBIネット銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

という2つのネット銀行となっています。

どちらかの銀行口座をお持ちの方は、コインチェックに銀行振込を利用して入金すれば、手数料がすべて無料となります。

もし、どちらの銀行口座もお持ちでなければ、住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行どちらも口座開設や維持費が無料なので、口座開設から始めてみるのもいいですね。

 

インターネットバンキングを利用して振り込む

コインチェックの指定口座と同じ銀行口座を開設するのは、多少手間がかかってきます。

同一銀行でなくても、インターネットバンキングを利用することで、コインチェックへの振込手数料を安く抑えることができます。

銀行の振込手数料は「窓口>ATM>ネットバンキング」という順番で手数料が高くなっています。 窓口で振り込むのが一番手数料が高いということです。

暗号未来
例えば、楽天銀行だと、他行への振込手数料は振り込む金額に関係なく「一律145円」となっています。

他にも、ネット銀行によっては、他行への振込手数料が100円未満のところもあるので、コインチェック指定口座の銀行以外から入金する場合は、インターネットバンキングを利用するのといいですね。

 

コインチェックへ銀行振込で入金する際の注意点

コインチェック(Coincheck)へ銀行振込で入金する際の注意点について解説していきましょう。

 

コインチェックへの振込手数料は自己負担

コインチェックへの入金手数料は無料ですが、振込手数料は自己負担となります。

入金手数料はコインチェックの手数料、振込手数料は銀行の手数料ということに気をつけましょう。

 

住信SBIネット銀行への入金はユーザーIDが必要

住信SBIネット銀行へ入金する場合、振込名義の最初に「ユーザーID」となる7桁の数字を追加する必要があります。

暗号未来
振込名義には、ユーザーID+名前というように入力してから振り込むということですね。

もし、振込人名義欄にユーザーIDの記載を忘れてしまった場合は、こちらのページから入金情報を送信しましょう。

 

初めて高額入金する際は別途資料を求められる可能性あり

コインチェックに初めて高額入金する際は、別途追加資料の提示を求められる可能性があります。

ただ、コインチェックに何度も入金するとなると、入金するたびに振込手数料がかかる場合があるので、まとめて入金したいですよね。

暗号未来
私の場合20万円振り込んだ経験がありますが、こういった資料の提示を求められたことはありません。

高額がどのくらいの金額なのかは定かではありませんが、20万円くらいであればこういった追加資料を求められることはないでしょう。

 

コインチェックアカウントと違う名義で振込めない

コインチェックに登録しているアカウントの名義と銀行振込による入金の名義が異なる場合、振り込むことができません

振込自体はできてしまうかもしれませんが、コインチェックとしては同じ名義人による入金しか認めていません。

なので、もし本人以外の名義で入金した場合は、組み戻し手続きなどを行う必要があります。

組み戻しとは、口座への振り込みが完了している場合に、入金した資金の返却を依頼する手続きのことです。

組み戻しで発生する可能性のある手数料は自己負担となります。

また、本人以外の名義でコインチェックへの入金が確認された場合、コインチェックのアカウントがロックされることもあるので、必ず本人名義で入金するようにしましょう。

 

まとめ(コインチェック銀行振込への入金手数料は無料)

コインチェック(Coincheck)の銀行振込による手数料について解説してきました。

コインチェックの指定口座に銀行振込で入金する場合、入金手数料は無料ですが、振込手数料は自己負担となっています。

入金する際の手数料を無料にするには、コインチェックの指定口座と同じ銀行(住信SBIネット銀行・GMOあおぞらネット銀行)から振り込むことです。

また、同じ銀行でなくてもインターネットバンキングを利用することで、振込手数料を安く抑えることができます。

暗号資産(仮想通貨)を購入する際、入金するたびに手数料がかかるのはもったいないですよね。

なので、コインチェックと同じ銀行口座を開設したり、インターネットバンキングを利用して手数料を安く抑えるのがおすすめです。

-コインチェック, 暗号資産(仮想通貨)取引所