コインチェック 暗号資産(仮想通貨)取引所

コインチェッククイック入金(ペイジー決済)方法!入金の仕組みや流れと対応金融機関を詳しく解説!

コインチェック(Coincheck)で暗号資産(仮想通貨)を購入するには、まずコインチェックに日本円を入金する必要があります。

コインチェックの入金方法には「銀行振込」、「コンビニ入金」、「クイック入金(ペイジー決済)」の3種類から選択することができます。

そこで、クイック入金(ペイジー決済)を使いたいけど「どういう流れで入金するのか?」、「具体的にどうやって入金するのか?」気になるところですよね。

2022年7月13日11:00(予定)よりクイック入金・コンビニ入金は一時停止で利用できません(再開される時期は未定)

この記事でわかること

  • クイック入金(ペイジー決済)の流れ
  • クイック入金(ペイジー決済)する方法
  • クイック入金(ペイジー決済)時の注意点
  • クイック入金(ペイジー決済)の仕組み
暗号未来
クイック入金は、コインチェックでお支払い情報を発行し、ネットバンキングやATMで簡単に支払うことができます。

クイック入金(ペイジー決済)は、コンビニ決済のようにお支払い票やお支払い番号を持っていって決済するのと同じ感じで簡単に入金ができます。

コインチェックで発行されるお支払い情報の「収納機関番号」、「お客様番号」、「確認番号」を金融機関で入力すると、振込先や振込内容が自動的に表示されるので、簡単かつスムーズに入金できます。

コインチェックへの会員登録は無料ですし、まずは口座の開設から始めてみましょう。

コインチェックにクイック入金(ペイジー決済)する流れ

コインチェック(Coincheck)の口座に日本円をクイック入金(ペイジー決済)する流れを解説していきましょう。

コインチェックのクイック入金(ペイジー決済)は、

クイック入金の流れ

  • SMS認証と本人確認(口座があれば省略)
  • コインチェックにログインする。
  • ウォレットから日本円入金画面を開く。
  • クイック入金を選択する。
  • 入金額を入力してお支払い情報を発行。
  • 金融機関でお支払い情報入力して入金。

というような流れで行います。

コインチェックの口座を開設済みの方は、すでにSMS認証と本人確認ができているはずなので、コインチェックにログインからはじめることができます。

暗号未来
コインチェックでクイック入金(ペイジー決済)に対応している金融機関は、こちらのページで確認できます。

スマホやパソコンでインターネットバンキングを利用されている方は、クイック入金(ペイジー決済)を利用することで簡単にコインチェックへ入金することができますね。

コインチェックにクイック入金(ペイジー決済)する方法

コインチェック(Coincheck)の口座にクイック入金(ペイジー決済)する方法について解説していきましょう。

コインチェックでお支払い情報を発行する

まず、コインチェックのクイック入金に必要なお支払い情報を発行します。

コインチェック公式webから発行する

コインチェック公式webからお支払い情報を発行してみましょう。

コインチェック公式webログイン画面

コインチェック公式webにログインしたら、右上にあるメニューをクリックします。

コインチェック公式webウォレット画面

ウォレットから「日本円の入金」を選択します。

コインチェック公式webクイック入金画面

クイック入金タブを選択して入金画面を開きます。

暗号未来
最初は「銀行振込」が選択されているので、クイック入金に切り替えます。

コインチェック公式webクイック入金手続き画面

入金額を入力して間違いがなければ「お支払い情報を発行」ボタンをクリックします。

お支払い情報の「収納機関番号」、「お客様番号」、「確認番号」は、金融機関で入金する時に必要なので、分かるようにしておきましょう。

コインチェックアプリから発行する

コインチェックアプリからお支払い情報を発行してみましょう。

コインチェックアプリウォレット画面

コインチェックアプリを起動してログインし、アプリの下にあるメニューから「ウォレット」を選択します。

ウォレットの画面を開いたら、画面中央付近にある「JPY(日本円)」をタップします。

コインチェック日本円残高画面

JPY残高の画面にある「入金」ボタンをタップします。

コインチェック入金方法選択画面

コインチェックの入金方法が表示されるので「クイック入金」を選択します。

コインチェックアプリクイック入金手続き画面

クイック入金する金額を入力し、間違いがなければ「お支払い情報を発行」ボタンをタップします。

金融機関でのクイック入金で必要となるお支払い情報「収納機関番号」、「お客様番号」、「確認番号」を分かるように控えておきましょう。

銀行や信用金庫など金融機関で支払いする

コインチェックでお支払い情報が発行できたら、金融機関でクイック入金をします。

クイック入金(ペイジー決済)対応金融機関

コインチェックにクイック入金(ペイジー決済)するには、対応している金融機関でなければいけません。

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行など、ほとんどの銀行で利用することができるようになっています。

金融機関によっては、クイック入金に対応していない場合があるので、こちらのページから確認しておきましょう。

お支払い情報をもとに入金を行う

各金融機関におけるクイック入金(ペイジー決済)画面で、コインチェックのお支払い情報「収納機関番号」、「お客様番号」、「確認番号」を入力します。

お支払い情報の入力で、コインチェックへの振込先や内容が表示されるので、間違いがなければ入金して完了です。

コインチェック口座で入金額反映を確認する

金融機関でクイック入金(ペイジー決済)ができたら、コインチェックのウォレットを確認してみましょう。

クイック入金による入金は、コインチェックのウォレットにすぐ反映されるので、入金した額が日本円に反映されていれば大丈夫ですね。

コインチェックでクイック入金(ペイジー決済)する際の注意点

コインチェック(Coincheck)クイック入金(ペイジー決済)する際の注意点を解説していきましょう。

クイック入金(ペイジー決済)に対応してない金融機関もある

コインチェックのクイック入金(ペイジー決済)は、利用する金融機関によっては対応していないところもあります

ご自身がクイック入金で利用する金融機関が、コインチェックの「クイック入金に対応しているかどうか?」こちらのページで確認しておきましょう。

クイック入金(ペイジー決済)には有効期限がある

コインチェックのクイック入金(ペイジー決済)には有効期限があります。

コインチェックは、お支払い情報を発行してから3時間以内にクイック入金しなければいけません。

なので、コインチェックにすぐ入金するというタイミングで、お支払い情報を発行するようにしましょう。

クイック入金(ペイジー決済)は手数料や最低金額がある

クイック入金は、手数料を含めて「1,770円」から「999,999円」までの金額で利用することができます。

また、クイック入金による「入金上限」は、1日(当日23:59:59)で1,000万円(手数料含む)となっています。

クイック入金
の入金額
手数料
3万円未満 770円
3万円以上50万円未満 1,018円
50万円以上 (入金金額 × 0.11%) + 495円
暗号未来
3万円未満なら770円、50万円未満なら1,018円の手数料がかかります。

もし、クイック入金で50万円を入金する場合、手数料は「(50万円 × 0.11%) + 495円」になるので、手数料は「550円 + 495円 = 1,045円」ということになります。

クイック入金(ペイジー決済)による出金・送金・振替制限

コインチェックにクイック入金(ペイジー決済)した場合、出金・送金・振替に対する制限が設けられています

クイック入金によって入金した日本円合計額に相当する「日本円」と「暗号資産」は、入金日より7日間は出金・送金・振替をすることができません。

暗号未来
コインチェックにクイック入金したら、入金した金額にあたる日本円や暗号資産は、一時的に外に持ち出すことができないということですね。

コインチェックのクイック(ペイジー)入金の仕組み

コインチェック(Coincheck)クイック入金(ペイジー決済)の仕組みを解説していきましょう。

クイック入金(ペイジー決済)とは

クイック入金を利用する最大のメリットは、窓口などに並ばずにネットバンキングやATMから入金できることです。

金融機関の窓口がやっていない時でも、24時間365日決済できるというのは嬉しいですよね。

また、お支払い情報の「収納機関番号」、「お客様番号」、「確認番号」を入力すると、振込先など入金の内容が自動的に表示されるので、振込先を間違えたりする心配もなくスムーズに入金できます。

クイック入金(ペイジー決済)の仕組み

以前は、収納機関(民間・地方公共団体・官公庁)と金融機関は個別のネットワークを利用して入金処理などが行われていました。

そこで、収納機関と金融機関をつなげるネットワークとして、クイック入金(ペイジー決済)「マルチペイメントネットワーク(MPN)」で管理できるようになったんです。

暗号未来
コインチェックのクイック入金は、多彩な決済を提供している「メタップスペイメント社」を通じて行われます。

このマルチペイメントネットワークによるクイック入金(ペイジー決済)によって、コインチェックへスムーズに入金処理ができるようになっているということですね。

まとめ(コインチェックのクイック(ペイジー)入金と仕組み)

コインチェック(Coincheck)クイック入金(ペイジー決済)について解説してきました。

クイック入金(ペイジー決済)のやり方はコンビニ決済のように簡単ですし、金融機関の窓口に関係なく24時間365日入金できます。

ネットバンキングを利用されている方であれば、おうちにいながらコインチェックに入金できるので、すぐに暗号資産(仮想通貨)を購入したい時に嬉しいサービスです。

もちろん、クイック入金を利用する上で手数料など条件はありますが、コインチェックへの入金がすぐ反映されることを考えると、それだけの価値があると考えることができます。

コインチェックへの会員登録は無料ですし、本人確認もネット上で簡単にできるので、まずは口座の開設から始めてみましょう。

-コインチェック, 暗号資産(仮想通貨)取引所