暗号資産(仮想通貨)の知識

暗号資産の販売所と取引所どっちで売買すべき?違いは?特徴や仕組みなど初心者向けに詳しく解説!

暗号資産(仮想通貨)を売買するには、暗号資産取引所に口座を開設することが必要です。

ただ、暗号資産取引所によっては「販売所」と「取引所」という2種類の売買する場所を提供しています。

そこで、暗号資産を売買するのに「販売所と取引所どっちで売買すれば良いのか?」、「そもそも販売所と取引所で何が違うのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • 暗号資産初心者は販売所がおすすめ。
  • 初心者に販売所がおすすめの理由。
  • 販売所と取引所との違いは何なのか。
  • 販売所と取引所のメリットデメリット。
暗号未来
暗号資産初心者であれば「販売所」、慣れてきたら「取引所」で売買するのがおすすめです。

販売所で暗号資産を売買する場合、取引する相手が暗号資産取引所ですし、売買するやり方もシンプルで簡単にできます。

一方、取引所は暗号資産を個人間で売買することになりますし、取引する方法も初心者がいきなり売買するには少し難しいですね。

なので、まずは暗号資産を販売所で少額取引してみて、ある程度慣れてから取引所での売買をする方が、初心者としてはスムーズに取引できるようになります。

暗号資産取引所の口座開設や維持費など無料のところが多いので、まずは暗号資産の取引ができるように口座開設から始めてみましょう。

 

暗号資産(仮想通貨)初心者は販売所で売買がおすすめ

初心者が暗号資産(仮想通貨)を売買をするするなら、まず「販売所」からスタートするのがおすすめです。

「どうして初心者には販売所がおすすめなのか?」その理由を解説していきましょう。

 

初心者に販売所での売買がおすすめの理由

初心者が暗号資産(仮想通貨)を売買するのに販売所がおすすめの理由は3つあります。

販売所がおすすめの理由

  • 暗号資産の売買が簡単にできる。
  • 暗号資産の売買が確実に成立する。
  • 売買できる暗号資産の銘柄が多い。

では、ひとつずつ解説していきましょう。

 

暗号資産の売買が簡単にできる

暗号資産取引所による販売所で暗号資産を取引する場合、売買する方法がシンプルで簡単に取引ができます。

もちろん、取引所で暗号資産を売買するのも慣れれば簡単ですが、全く初めてだと正直戸惑ってしまうことが多いです。

実際、取引所で暗号資産を売買する場合、何の知識もなく取引所の画面を見ただけで売買するのは難しいでしょう。

暗号未来
ちなみに、正直私はどう売買すれば良いのか分かりませんでした。

一方、販売所であれば、暗号資産取引所で暗号資産を購入する場合、金額(日本円)を指定して購入するだけなので、全く知識がなくてもネットショップのように購入できます。

例えば、ビットコインを1万円分購入する場合、ビットコインを選択して1万円入力するだけで購入できます。

まず、販売所で暗号資産を売買してみて、ある程度慣れてから取引所での売買をする方が安心ですね。

 

暗号資産の売買が確実に成立する

販売所で暗号資産の売買をする場合、購入するにしても売却するにしても確実に取引が成立します。

一方、取引所では、暗号資産を「指値注文」によって売買する場合、指定する金額によってはすぐに取引が成立しないこともあります。

暗号未来
指値注文とは、暗号資産をいくらで売却もしくは購入するのか、あらかじめ金額を設定して注文する方法です。

また、金額を指定しない「成り行き注文」では、売買する暗号資産の数量を指定するだけなので、指値注文よりも取引が成立しやすくなっています。

成り行き注文は、金額を指定しないので、取引所に表示されているものがあれば、すぐに取引が成立することも結構あります。

 

売買できる暗号資産の銘柄が豊富

暗号資産取引所の販売所であれば、取引できる暗号資産の銘柄が豊富です。

例えば、Coincheck(コインチェック)だと、販売所なら17銘柄から好きなものを選んで取引することができます。

ただ、取引所となると、Coincheck販売所の17銘柄のうち4銘柄(BTC・ETC・MONA・PLT)しか取引することができません。

なので、販売所の方が、いろいろな銘柄の暗号資産を売買することができますね。

 

初心者が販売所で売買する時の注意点

初心者が暗号資産(仮想通貨)取引所の販売所で売買する際の注意点を解説していきます。

 

暗号資産の売買時にかかる手数料

暗号資産取引所の販売所を利用する場合、暗号資産の売買による手数料は無料となっています。

ですが、暗号資産の売買には、スプレッドという見えない手数料が存在することに注意が必要です。

ビットコイン取引例

1BTC(ビットコイン)が100万円、スプレッドが4万円だった場合を想定してみます。

暗号未来
この場合、1BTC=100万円ですが、実際に購入する場合は1BTC102万円、売却する場合は1BTC98万円で取引することになります。

スプレッドのAsk(買値)は「102万円」で、Bid(売値)は「98万円」ということになるので、その差4万円がスプレッドということです。

販売所で暗号資産を売買する場合、このスプレッドが結構大きい場合もあるので注意する必要がありますね。

 

販売所による提示金額でしか売買できない

暗号資産取引所の販売所で暗号資産を売買する場合、取引する相手は暗号資産取引所です。

取引所では、売買したい金額を指定して注文する「指値注文」や、暗号資産の数量を指定して注文する「成行注文」を利用できます。

ですが、販売所で暗号資産を売買する場合、暗号資産取引所の提示する金額でしか取引できないので気をつけましょう。

 

販売所と取引所どちらもある暗号資産取引所

暗号資産(仮想通貨)の取り扱いが銘柄が多く、販売所と取引所どちらも併設している暗号資産取引所を紹介します。

銘柄
販売所 取引所
Coincheck
(コインチェック)
17銘柄 4銘柄
bitFlyer
(ビットフライヤー)
15銘柄 6銘柄
GMOコイン 21銘柄 16銘柄

最初のうちは、販売所で暗号資産を売買したいけど、慣れてきたら取引所での売買もしていきたいという方は、両方とも併設されている暗号資産取引所を選ぶのがおすすめです。

暗号資産取引所によっては、販売所だけしかないところもあるので、自分にあった取引ができる暗号資産取引所を選ぶと良いですね。

 

暗号資産(仮想通貨)の販売所と取引所の違いとは

暗号資産(仮想通貨)の「販売所」と「取引所」の大きい違いは3つです。

販売所がおすすめの理由

  • 暗号資産を売買する相手。
  • 暗号資産を売買する際の手数料。
  • 暗号資産を売買する難易度。

それぞれの違いについて、ひとつずつ解説していきましょう。

 

販売所と取引所で暗号資産を売買する相手

暗号資産取引所による「販売所」と「取引所」では、暗号資産の売買相手が違います。

販売所で暗号資産を売買する相手は「暗号資産取引所」、取引所で暗号資産を売買する相手は「ユーザー(個人)」となっています。

取引所では、同じようなユーザー同士が暗号資産を売買する場として設けられているので、指値注文や成行注文ができるということですね。

 

販売所と取引所による暗号資産売買の手数料

暗号資産取引所による「販売所」と「取引所」では、暗号資産を売買する時の手数料が違います。

販売所の場合は、暗号資産取引所との売買となるので、手数料自体は無料のところがほとんどですが、実際はスプレッドとしての手数料があります。

一方、取引所では、ユーザー同士で暗号資産を売買するので、スプレッドによる手数料を安く抑えることができます。

ただ、暗号資産取引所によっては「Maker(メイカー)手数料」と「Taker(テイカー)手数料」がかかる場合があるので注意が必要です。

ポイント

Maker(メイカー)とは、取引所で指値注文して取引板(買い注文と売り注文の一覧)に注文を出すことで、Taker(テイカー)は取引板に出ている注文で取引を成立させることです。

 

販売所と取引所で暗号資産を売買する難易度

暗号資産取引所の「販売所」と「取引所」では、暗号資産を売買する方法の難易度に違いがあります。

販売所で暗号資産を売買する場合、暗号資産取引所が提示している金額に対して購入もしくは売却するだけなので、簡単に取引を行うことができます。

一方、取引所では、さまざまなユーザー同士で暗号資産を売買するので、自分と他のユーザーが1対1の場合もあれば、1対複数の取引になることもあります。

暗号未来
購入したい暗号資産の数量によっては、取引板の注文を1度に複数成立されることになります。

取引所は、取引板に複数並んでいる注文によって取引することになるので、指値注文や成行注文など基本的なことを理解していないと取引が簡単ではありません。

もちろん、慣れてしまえば取引所での売買も簡単にできるようになりますが、全くの初心者だと取引所での売買は難しく感じるでしょう。

 

暗号資産(仮想通貨)販売所と取引所のメリットデメリット

暗号資産(仮想通貨)の「販売所」と「取引所」のメリットとデメリットについて解説していきましょう。

 

暗号資産(仮想通貨)販売所のメリットデメリット

まず、暗号資産(仮想通貨)「販売所」のメリットとデメリットを解説していきます。

 

販売所のメリット

販売所のメリット

  • 取引できる暗号資産の銘柄が多い。
  • 暗号資産の取引が簡単にできる。
  • 暗号資産の取引がすぐに成立する。

販売所のメリットは、やっぱり暗号資産の取引が簡単にできますし、すぐに売買が成立するということですね。

暗号資産の売買のやり方がとてもシンプルで分かりやすいので、初心者なら販売所での取引から始めると安心でしょう。

 

販売所のデメリット

販売所のデメリット

  • スプレッドによる手数料が高い。

販売所によるデメリットは、暗号資産の購入金額と売却金額の差額となるスプレッドの手数料です。

販売所は、暗号資産の売買が簡単にできて、すぐに成立するので取引しやすいですが、スプレッドによる手数料が高くなっていますね。

 

暗号資産(仮想通貨)取引所のメリットデメリット

では、暗号資産(仮想通貨)「取引所」のメリットとデメリットを解説していきます。

 

取引所のメリット

取引所のメリット

  • スプレッド幅が狭く、手数料も安い。
  • 指値、成行など注文方法が選べる。

取引所のメリットは、暗号資産を取引する相手がユーザー(個人)同士なので、スプレッドによる差額が少なく、安い手数料で売買することができることです。

また、販売所にはない「指値注文」や「成行注文」といった注文方法を利用できるので、自分の希望に近い金額で取引できる可能性が高くなります。

 

取引所のデメリット

取引所のデメリット

  • 取引できる暗号資産の銘柄が少ない。
  • 注文方法が初心者には若干難しい。

取引所のデメリットとしては、取引できる暗号資産の銘柄が少ないことです。

個人間でやり取りできることで手数料を抑えて売買できますが、取引したい銘柄がない場合は販売所での取引しかできません。

また、取引所の注文方法である「指値注文」と「成行注文」は、暗号資産が全くの初心者だと売買するのが難しいところもデメリットといえるでしょう。

 

まとめ(暗号資産(仮想通貨)初心者は販売所での売買が安心)

暗号資産(仮想通貨)における「販売所と取引所ではどちらで売買すべきか?」、「販売所と取引所の違いは何か?」について解説してきました。

販売所と取引所の違い

  • 暗号資産を売買する相手が違う。
  • 暗号資産を売買時の手数料に違いがある。
  • 暗号資産を売買する方法に違いがある。

販売所では、スプレッドによる手数料が高めですが、暗号資産が全くの初心者であれば、売買の方法がシンプルで簡単な販売所で取引するのがおすすめです。

暗号資産の取引を行うことで、ある程度理解が深まってきたら、取引所での売買へステップアップしてみると良いでしょう。

暗号資産を販売所と取引所どちらで売買するか迷われている方は、どちらも併設している暗号資産取引所の口座を開設しておくと良いですね。

-暗号資産(仮想通貨)の知識