暗号資産(仮想通貨)の知識

暗号資産(仮想通貨)管理するウォレットは5種類!コールド、ホットウォレットの仕組みを徹底解説!

暗号資産(仮想通貨)を管理する上で重要となるのがウォレットです。

ウォレットとは、暗号資産の「取引をするためのウォレット」や「保管しておくためのウォレット」というようにいくつか種類があります。

そこで、暗号資産の「ウォレットにはどんな種類があるのか?」、「どのウォレットを利用するべきなのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • 暗号資産ウォレットは全5種類
  • 暗号資産ウォレットの仕組み
  • 暗号資産ウォレットのメリットデメリット
  • 暗号資産ウォレット利用時の注意点
暗号未来
暗号資産を管理するウォレットは5種類ありますが、大きく分類すると「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の2種類です。

暗号資産取引所の口座も、ウォレットとしての機能を持ちつつ取引ができるホットウォレットや保管できるコールドウォレットの役割も持っています。

ホットウォレットはネット環境につながってる状態、コールドウォレットはネットにつながってない状態で管理することです。

暗号資産のウォレットは、どれかひとつを選ぶという方法もありますが、それぞれのメリットを活かして使い分けるのもひとつの方法です。

なので、暗号資産ウォレットがそれぞれどういう役割があり、どういうメリットやデメリットがあるのかしっかりと理解すれば、安心して暗号資産を管理することができますね。

 

暗号資産(仮想通貨)を管理するウォレットの種類

暗号資産(仮想通貨)を管理するウォレットの種類について解説していきましょう。

暗号資産のウォレットは5種類ほどありますが、それぞれが「ホットウォレット」と「コールドウォレット」に分類されます。

 

暗号資産(仮想通貨)ホットウォレットの種類

ホットウォレットは、インターネットと接続されている暗号資産ウォレットです。

 

モバイルウォレット(アプリ)

モバイルウォレットとは、スマートフォンに「App Store」や「Google Play」からアプリをインストールして使うウォレットのことです。

スマートフォン上で、暗号資産(仮想通貨)の秘密鍵を管理することで、ハッキングなどのリスクを少なくできるウォレットです。

暗号未来
秘密鍵は、パスワードのようなもので、所有する暗号資産にアクセスするための唯一の鍵です。

ただ、スマートフォンを紛失したり、機種変更する場合のことを考え、しっかりとバックアップキーを別で保管しておく必要がありますね。

 

ウェブウォレット(クラウド)

ウェブウォレットとは、インターネット上に暗号資産を保管しておくウォレットのことで、オンラインウォレットとも呼ばれています。

暗号資産取引所の口座は、このウェブウォレットに分類されるので、自分自身で秘密鍵を管理する必要がありません。

暗号未来
暗号資産取引所にセキュリティなどすべて委ねている状態です。

また、暗号資産取引所の口座で管理していれば、いつでもすぐに暗号資産を売買できるという利便性も兼ね揃えています。

暗号資産取引所によっては、ほとんどの暗号資産をインターネットから切り離して管理しているので、セキュリティ面も比較的安心できるでしょう。

ただ、自分の所有する暗号資産の秘密鍵もインターネット上で管理されているので、ハッキングなどによるリスクの可能性もあります。

暗号資産取引所がハッキング被害などにあってしまうと、口座に保管していた暗号資産もなくなってしまう可能性があるので注意が必要ですね。

 

デスクトップウォレット(パソコン)

デスクトップウォレットとは、パソコンに暗号資産ウォレット専用ソフトをインストールして使うウォレットです。

モバイルウォレットと同様に、デスクトップウォレットもパソコン上で秘密鍵を管理することになるので、ハッキングなどのリスクを少なくできます。

また、パソコンをインターネットに接続しなければ、ホットウォレットからコールドウォレット(ネットに接続されていない)になるので、よりセキュリティを強化できます。

ただ、パソコンが故障したり、盗難にあった場合には、パソコン内の秘密鍵もなくなってしまうので、バックアップキーをしっかり保管しておくことが大切ですね。

 

暗号資産(暗号資産)コールドウォレットの種類

コールドウォレットは、インターネット接続されていない暗号資産(仮想通貨)ウォレットです。

 

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、USBメモリのような物理的な機器のことです。

人気があるLedger Nano(レジャーナノ)シリーズは、外観はUSBメモリとほとんど変わりません。

▶︎[公式]Ledger ハードウェアウォレット↗︎

暗号資産をハードウェアウォレットで管理すれば、インターネットとの接続がない状態になるので、ハッキングなどのリスクを少なくできます

暗号未来
ただ、ハードウェアウォレットには、インターネットに接続する機能がないため、すぐに暗号資産にアクセスできません。

なので、すぐに暗号資産を売買したいということができないので、暗号資産をどう運用するかで使い分けるのがいいでしょう。

また、モバイルウォレットやデスクトップウォレットのように、暗号資産の秘密鍵をハードウェアウォレットで管理するので、故障したり紛失した時のことを考えてバックアップキーを保管しておく必要があります。

 

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、暗号資産の秘密鍵などを紙に印刷して保管しておくウォレットです。

紙に印刷して保管するので、当然インターネットとの接続はありませんから、ハッキングなどのリスクはかなり低くなります。

ただ、物理的に紙で保管するということは、暗号資産の秘密鍵などを印刷した紙が劣化して読めなくなったり、どこかに紛れ込んでなくなってしまうというリスクはあります。

なので、ペーパーウォレットを使う場合は、劣化させないためにクリアファイルなどに入れて、保管する場所をしっかりと決めて把握しておくことが大切ですね。

 

暗号資産(仮想通貨)を管理するウォレットの仕組み

暗号資産(仮想通貨)を管理するウォレットの仕組みを解説していきましょう。

 

暗号資産(仮想通貨)のウォレットとは

まず、暗号資産(仮想通貨)のウォレットとは、具体的にどういうものなのか解説していきます。

 

ウォレットはお財布や金庫と同じ役割

暗号資産のウォレットは、財布や金庫と同じような役割を持っています。

いつでも持ち歩いて必要になったら使える財布は「ホットウォレット」、普段は使わずに保管しておく金庫は「コールドウォレット」というイメージです。

ホットウォレットとは、インターネットに接続されている暗号資産のことで、いつでも暗号資産を売買することができます。

一方、コールドウォレットは、インターネットに接続されていない暗号資産のことで、ホットウォレットのように暗号資産にすぐアクセスができませんが、ハッキングなどネット上のリスクが低いウォレットです。

暗号資産を長期的に保管しておくなら、コールドウォレットで管理すると安心ですね。

 

暗号資産ウォレットは全部で5種類ある

暗号資産のウォレットは、全部で5種類あります。

ホットウォレット
(ネット接続あり)
コールドウォレット
(ネット接続なし)
モバイルウォレット ハードウェアウォレット
ウェブウォレット ペーパーウォレット
デスクトップウォレット

それぞれのウォレットの特徴については解説してありますが、どのウォレットも良い面と悪い面があるので、暗号資産をどう扱っていくかで選択するのが良いでしょう。

 

暗号資産(仮想通貨)取引所口座とウォレットの違い

暗号資産取引所もウォレットの役割を持っていて、ウォレットの種類でいうと「ホットウォレットのウェブ(オンライン)ウォレット」に該当します。

ホットウォレットなので、暗号資産取引所の口座はインターネットに接続されていますし、ハッキングなどの被害にあるリスクもあります。

ただ、暗号資産取引所によっては、ホットウォレットとコールドウォレットの両方で暗号資産を管理しているところも多いんです。

暗号資産の取引で使われる部分だけホットウォレット、それ以外の取引で使われない暗号資産はコールドウォレットで管理する方法がとられています。

なので、暗号資産取引所の口座もセキュリティは安心できますが、ハッキングなどのリスクがあるのも事実なので、ご自身でしっかり管理することが望ましいでしょう。

 

暗号資産(仮想通貨)をウォレットで管理する必要性

暗号資産取引所の口座もウェブウォレットの機能を持っているので、暗号資産をウォレットで管理していることになります。

そこで、暗号資産取引所の口座で暗号資産を管理すれば「ウォレットを使って管理する必要はないんじゃないか?」という疑問を持たれる方もいるでしょう。

 

ハッキングなどから暗号資産を守る

暗号資産取引所の口座は、ホットウォレットのウェブウォレットに該当するため、常にインターネット接続されている状態です。

もちろん、暗号資産取引所のセキュリティは信頼できますが、ハッキングなどの被害にあう可能性もゼロではありません。

暗号資産取引所の口座をウォレットとして使うということは、ご自身の秘密鍵もインターネット上にあることと同じなので、リスクをともないます。

なので、ご自身でウォレットに暗号資産の秘密鍵などの情報を管理しておけば、万が一暗号資産取引所がハッキング被害にあっても安心です。

 

リスクを分散することができる

暗号資産ウォレットを使用する際、すべての暗号資産を同じウォレットで管理する必要はありません。

いくつかの暗号資産ウォレットに分散しておけば、ハッキングなど何かしらの被害にあってしまっても、すべての暗号資産を失わず一部だけですみます。

例えば、銀行に預金する場合、すべての財産同じ銀行に預けるのではなく、複数の銀行に預けることでリスクを分散される方も多いですよね。

同じように、暗号資産も同じウォレットで管理するよりも、いくつかのウォレットで管理する方がリスクを回避しやすくなります。

 

暗号資産(仮想通貨)ウォレットのメリットとデメリット

暗号資産(仮想通貨)ウォレットのメリットとデメリットを解説していきます。

 

ホットウォレットのメリットとデメリット

暗号資産ホットウォレットには、

メリット デメリット
暗号資産の取引がしやすい。 セキュリティ面に多少不安がある。
暗号資産を管理しやすい。 2段階認証などの設定が複雑。
管理する上でコストが安い。

というメリットとデメリットがあります。

暗号未来
ホットウォレットは、取引だけでなく管理もしやすいのが特徴です。

ホットウォレットは、インターネットに接続されているので、価格変動の大きい暗号資産をすぐに取引できるメリットがあります。

一方で、インターネットに接続されているので、ハッキングなどによるリスクやスマートフォンなどが故障してしまうといったデメリットもあります。

 

コールドウォレットのメリットとデメリット

一方、暗号資産コールドウォレットには、

メリット デメリット
セキュリティ面が安心。 暗号資産の取引がしにくい。
ウォレットによってコストが高い。
盗難・紛失・故障のリスクがある。

というメリットとデメリットがあります。

暗号未来
コールドウォレットのメリットは、なんといってもセキュリティによる安全性が高いことです。

インターネットに接続していない状態で管理しているため、ハッキングやウイルスなどの被害にあうことがほぼないということです。

ただ、インターネット接続していないので、すぐに暗号資産にアクセスすることができませんし、暗号資産を取引するにも時間がかかってしまいます

大きな価格変動があった場合、暗号資産をすぐに売買したくても時間がかかるので、ベストなタイミングで取引できない可能性もあるということですね。

 

暗号資産(仮想通貨)を管理するウォレットに関する注意点

暗号資産(仮想通貨)を管理するウォレットに関する注意点について解説していきましょう。

 

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの特徴などをよく理解する

暗号資産ウォレットを使う上で重要なのが、ウォレットの特徴や使い方、リスクなどをしっかりと理解することです。

よく分からないまま暗号資産ウォレットを使うと、自分自身でリスクを高めてしまう可能性があります。

暗号資産ウォレットを使用する場合、「どうしてそのウォレットを使うのか?」、「使用するウォレットにどういったリスクがあるのか?」把握した上で使うようにしましょう。

 

暗号資産(仮想通貨)ウォレットを使い分けてリスクを分散する

暗号資産ウォレットは、ホットウォレットとコールドウォレットあわせて5種類ありますが、何かしらのリスクに備えて使い分けることも検討するべきでしょう。

すべての暗号資産を暗号資産取引所の口座に預けておくのではなく、すぐに取引できるものだけ預けておき、他の暗号資産は別のウォレットで管理することでリスクを分散することができますね。

 

まとめ(暗号資産(仮想通貨)ウォレットの種類と仕組み)

暗号資産(仮想通貨)を管理するウォレットの種類や仕組みについて解説してきました。

暗号資産取引所の口座もウォレットのひとつですが、インターネット接続されているホットウォレットなので、ハッキングなどのリスクがあります。

暗号資産をどう運用していくかによって、インターネット接続されているホットウォレットと、インターネット接続されていないコールドウォレットをうまく使い分けるのが良いでしょう。

どのウォレットにも良い面があれば悪い面もあるので、ご自身にあった最適なウォレットを使って暗号資産のある生活を始めてみて下さいね。

-暗号資産(仮想通貨)の知識